HOME

最新号

2019年10月号(最新号)
特集 - ベーカリーカフェ
●子どもも入りたくなるゆったりとしたカフェスペース(ノブカフェ アトレ川崎店)
●NYブランドの世界観とパンと相性の良い料理を味わう(ザ シティ ベーカリー スタジオトウキョウ)

お店拝見 - サーカスのような感動できる場所(アヤパン)

講習会 - 特別セミナー2019(東京製菓学校)

レポート - スチームコンベクションであらゆる種類の洋菓子を作り、一日だけの洋菓子店(ツジ・キカイ)

普通のパン屋さんが普通に頑張れば繁盛出来る話 - 店の想いを客に好意的に受け入れてもらうには...

ブランスリー新聞 - パン業界のホットニュース大集合

その他

ブランスリーってどんな雑誌

月刊ブランスリーの使命

その使命はいたって単純です。それは、ベーカリーショップが繁盛するために何をしたらいいかを、数多くの成功例を徹底的に取材することで、解き明かしていくことです。月刊ブランスリーは、パン屋経営のための情報や、パン業界全体を見渡したニュースなどをお届けする、情報の多さより情報の濃さで勝負するパン専門誌です。

職人の雇用や給料の維持などの課題

パンを作って販売する業態のリテールベーカリーは、労働集約型であり、職人の雇用をどうやって維持するかや、労働生産性とパンの品質とのバランスをとりながら、職人の給料をどうやって一定額以上に維持していくかなど、様々な課題を抱えています。また、オーナーの年収をパン屋を開業して経営し、場合によっては複数の店舗を展開していくことに伴うリスクに見合うだけの額にできるかどうかも大きな課題です。

オーナー自らがパン職人であること

リテールベーカリーの場合は、オーナー自らがパン職人であることが多く、同じ現場で職人と直に接して指導しながら店を回していけるという強みがあります。この点が労働集約型の業種がその優位性を発揮できるポイントの一つです。つまり、オーナーが仕事をしながら直接職人を指導することで、全体の技術力を高度化させ、同時に労働生産性も向上させることで、大量生産ではない高度な職人技が生み出す質の高い製品を消費者に提供できる強みがあるということです。

大手パン企業やコンビニ各社の動向も注視

月刊ブランスリーのメインの読者層は、パン製造小売りのベーカリーですが、パン業界全体を見渡しながらパン屋経営を展開していくことが重要であると観点から、大手製パン企業やコンビニ各社のパンや菓子に関する情報も積極的に取り上げています。

月刊ブランスリーを購読いただきますと、ブランスリー電子版も同時にご利用いただけます。
年間購読料 年間購読料 税込み9,240円(本体8,556円)(12冊分+電子版12カ月間、月換算税込み770円、送料込み)
発行頻度 毎月(前月)20日、月1回発行(購読者の皆様のお手元に届くのは25日前後になります)
サイズ A4判
頁数 40~50頁
創刊日 2000年7月20日
頁数 40~50頁
 


特定商取引に関する法律に基づく表示(月刊ブランスリー[電子版付])

ブランスリー電子版

ブランスリーのコンテンツをウェブで配信

月刊ブランスリーのコンテンツをデジタル化して、オンラインでお届けいたします。デジタルならではの記事の文字列検索や、気になった記事をスクラップしておけるマイページなどの機能があり、膨大なパンの情報アーカイブを、最大限にご利用いただけます。 特に、創刊号から現在までの過去15年間のすべての記事が自由に見られるサービスは、好評をいただいております。

[ブランスリー電子版を見る]
 
年間購読料 税込み5,040円(本体4,667円)(電子版12カ月間、月換算税込み420円)
発行頻度 毎月(前月)20日、月1回発行(月刊ブランスリーと同じ)



特定商取引に関する法律に基づく表示(ブランスリー電子版のみ)