ニュースインデックス

ニュース一覧(67件中120件目)
ページ:[1] [2] [3] [4]
[<<TOPへ] [ 次の>> ]

社会のIT化の最近の加速度は、信じられないほど大きくて、恐怖心さえ抱いてしまいますが...(2024/05/20)
社会のIT化の最近の加速度は、信じられないほど大きくて、恐怖心さえ抱いてしまいますが、そんな私が編集長を務めるブランリーが今月も粛々と発行の運びとなりました。

今回は「お店拝見特集」と題...

今月もブランスリーは20日に発行の運びとなりました(2024/04/20)
本日、夏日でした。そんなこととは関係なく、今月もブランスリーは20日に発行の運びとなりました。5月号の特集企画は「原材料高騰と原価管理」がテーマです。

取材させて頂いた千葉県松戸市の「ツ...

三寒四温という品格のある4文字熟語には、少し荷が重すぎるのではないかと心配に...(2024/03/21)
三寒四温といいますが、このところの気まぐれな天候は、三寒四温という品格のある4文字熟語には、少し荷が重すぎるのではないかと心配になるほどです。とてつもない天変地異が起こりませんようにと願うばかりです。...

気温の乱高下に身も心もついていけずに、少々戸惑い気味の今日この頃ですが...(2024/02/20)
気温の乱高下に身も心もついていけずに、少々戸惑い気味の今日この頃ですが、お陰様でブランスリー3月号が出来上がりました。

今回は「アップルパイ専門店」に焦点を当てた特集記事を掲載しました。...

2024年は、大きな自然災害と事故での幕開けとなってしまいました。(2024/01/20)
2024年は、1日の能登半島地震、2日の羽田空港航空機衝突事故と、大きな自然災害と事故での幕開けとなってしまいました。お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りし、ご遺族の方々に謹んでお悔やみを申し上げ...

それはそうと、ブランスリーが今月も粛々と出来上がりました。(2023/12/20)
今年も残すところ、あと10日あまりになりました。歳を重ねるごとに1年の経つのが早くなります。1秒1秒に意味を持たせ噛みしめたいところですが、それも少し荷が重すぎて、私にとっては持続可能ではありませんの...

11月なのに極端に暑くなったり、逆に11月にしては極端に寒くなったりと...(2023/11/20)
11月なのに極端に暑くなったり、逆に11月にしては極端に寒くなったりと、まるで制御が効かなくなったボリュームのスイッチを必死で調整しているかのような今日この頃ですが、ふと気付くと、ブランスリー2023...

長い間待ち焦がれていた秋の日々ですが、ひとたびその中に入ってしまうと、心地よい秋風もいつの間にか、ルーティーンになってしまう...(2023/10/20)
長い間待ち焦がれていた秋の日々ですが、ひとたびその中に入ってしまうと、心地よい秋風もいつの間にか、ルーティーンになってしまう、いや、慣れてしまってはいけない、もっとたくさん噛みしめよう!

記録的な猛暑の日々が終わりに近づき、安堵の吐息を漏らしつつも...(2023/09/20)
記録的な猛暑の日々が終わりに近づき、安堵の吐息を漏らしつつも、今月もまたパンの専門誌、ブランスリーは10月号が完成したのでした。今回の特集は「ベーカリーの地産地消」がテーマです。

2人の...

心地よい秋のそよ風が頬を優しく刺激する日々を心待ちにしつつ...(2023/08/20)
心地よい秋のそよ風が頬を優しく刺激する日々を心待ちにしつつ、ブランスリー2023年9月号が無事完成しましたことを報告させて頂きます。

今回の特集は、「ベーカリーの販促はSNSで決まり」の...

今年の夏も恐れていた通り、連日の酷暑になってしまいましたが、ブランスリーは今月も粛々と発行されました。(2023/07/20)
今年の夏も恐れていた通り、連日の酷暑になってしまいましたが、ブランスリーは今月も粛々と発行されました。今回は2023年8月号です。特集は「うちの看板商品」がテーマです。

135年前から同...

「冷凍パンの通販」をテーマに取材しました。生々しい現場の様子を是非ご覧ください。(2023/06/20)
梅雨の晴れ間にささやかな喜びを感じつつも、来たるべき酷暑に想いを巡らせると、思わず身構えてしまう今日この頃ですが、ブランスリーが今月も粛々と出来上がりました。

2023年7月号の特集は「...

寡占化が進み、その弊害が顕著になってきた検索エンジン市場に、ChatGPTが...ブランスリー6月号が出来上がりました。(2023/05/20)
寡占化が進み、その弊害が顕著になってきた検索エンジン市場に、ChatGPTが健全な競争をもたらしてくれることを期待する今日この頃ですが、ブランスリーの最新号(2023年6月号)が今月も無事出来上がりま...

世間ではChatGPTが話題になっていますが、パンの専門誌、ブランスリーは5月号が今月も粛々と完成いたしました(2023/04/20)
世間ではChatGPTが話題になっていますが、ブランスリーは5月号が今月も粛々と完成いたしました。今回の特集では、「第5回ベーカリー・ジャパンカップ」の菓子パン部門で優勝したヴィロン丸の内店の遠藤莉菜...

女性らしさの中の多様性を探ってみました。(2023/03/22)
このところの気温の上昇具合いに、今年の夏も酷暑が続くのではないかとの一抹の不安を感じつつ、ブランスリー2023年4月号が無事に出来上がりました。

今回の特集のテーマは「女性が経営するベー...

寒い冬の日々の合間に出くわす春の気配が感じられる一日に、ささやかな喜びを感じつつ...(2023/02/20)
寒い冬の日々の合間に出くわす春の気配が感じられる一日に、ささやかな喜びを感じつつ、またこの日がやってまいりました。

ブランスリー3月号が出来上がりました。今回の特集のテーマは「人手は足り...

寒い冬の寒暖の差の日々で、ブランスリー2023年2月号が出来上がりました。(2023/01/21)
寒い冬の中での寒暖の差の日々が続いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

お陰様で、ブランスリー2023年2月号が出来上がりました。

今回の特集は「カレーパンが客を呼ぶ...

「べーカリーの焼き菓子」は、焼きの達人が作り出す珠玉の品々です(2022/12/20)
今年も残りわずかとなりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

お陰様で、ブランスリー2023年1月号が出来上がりました。今回は「ベーカリーの焼き菓子」をテーマに特集を組みました。

お陰様でブランスリー2022年12月号が出来上がりました。(2022/11/20)
いつもの冬が今年もやってくるといういくばくかの安堵に浸りながら、今この文章を書いています。

お陰様でブランスリー2022年12月号が出来上がりました。今回の特集のテーマは「世田谷パン祭り...

お陰様でブランスリー2022年11月号が出来上がりました(2022/10/20)
大分気温が下がってきましたが、皆様、いかがお過ごしでしょうか?

お陰様でブランスリー2022年11月号が出来上がりました。今回の特集のテーマは「クロワッサン専門店」です。

...